2007年10月24日 (水)

9食め バリスタイル ミーゴレンセット

インドネシア料理のミーゴレンだけれど、このセットの原産国はタイ。輸入は横浜のアライドコーポレーション。1

購入場所 カルディ

購入価格 336円

ミーゴレンが焼麺だということは知っているけれど、インドネシアに行ったことのない私は、残念ながら本場の味を知らない。なのでこれを使用して作る料理がはたして本格的かどうかはコメントできず、ゴメンナサイ。

2人前のセットで乾麺、ペースト、フィッシュソース、チリソースが入っている。乾麺は黄色 い卵麺。これで焼麺というのはちょっと意外な感じで味の想像がつかない。ちょっとワクワク。2_2

具材にはエビ、チンゲン菜、キャベツ、卵、香菜を使用。この料理に卵は欠かせないみたいだ。

おいしいポイントは麺を茹ですぎないこと、炒めすぎないことと書いてあったので、茹で時間は慎重に、茹でたてを炒めた野菜の中に入れて一気に炒め合わせた。

チリソースはお好みで…とのことだが辛党なので、味見もせず全部入れる。レモンを絞ると3 おすすめとあったので、その通りにする。

見ためはかなりおいしそう!麺もツヤツヤ、具材もよく絡んでいる。

で、お味は?    

なかなか美味!  麺がシコシコ、プチプチ。香港麺の幅広版(たとえが分かりにくい? 分かってくれる人だけ分かればよろしい)のようで、私は嫌いじゃないな。

甘みが強いと想像していたけれど、控えめでさっぱりと食べやすい。卵がふんわりいい役割をしている。辛さはちょうどいい感じ(苦手な人にはちょっと辛いかも)。香辛料など独特の香りがほとんどないので、もしかしたら現地の料理よりインパクト少なく、物足りないかもしれない。物足りないといえば、量もちょっと控えめかな…。

味 ★★★★

ジャンク度 ★★

話題度 ★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

6食め 無印良品 ナシゴレン

ナシゴレンはタイ料理ではなく、インドネシア料理なので、番外編扱いです。

購入場所 無印良品池袋西武店

購入価格 170円

休日のランチに、ビールとともに。レトルトパックの炒めご飯の素。2人分入り。Photo_20

「具材に鶏肉・赤ピーマンなどを使い、ナンプラーで仕上げたインドネシアの焼き飯です。ごはんに混ぜて炒めるだけで、簡単にできあがります」とある。

実はダンナのmasaは肉嫌い。牛も豚もだめ。最近、表面をカリカリに焼いたり、揚げた鶏肉なら食べられるようになった。きっとこれに入っている程度の鶏肉なら食べてくれるだろうと使ってみる。

細かく切った長ネギとキクラゲを炒め、ご飯(冷蔵庫に少し残っていたタイ米のサフランライスも一緒に投入)、ソースを入れて炒め合わせる。パッケージには追加の具にはピーマンがオススメと書いてあったけれど、ウチになかったので入れない。

私は目玉焼きはしっかり焼いたのが好き。masaは半熟か好きなので、芯の所だけ若干半熟の目玉焼きを添える。

ルッコラを盛り合わせて完成。Photo_21

味はまあまあ。さっぱりとしていて、本場よりかなり癖がない。魚の香りがするのがいい(アンチョビが入っているらしい)。甘すぎないのもよかった。彩りもいいし、170円ならコストパフォーマンスも満足。

さすが無印良品。万人にウケて、手軽に作れる「素」がなかなか上手。

でも気になったのが鶏肉。なんていうか、日清のカップヌードルのお肉みたい。茶色くて味がしっかり入っていてパサッとしている。私はちゃんと食べたけれど、masaは「キライ」と残してしまった。レトルトだから仕方ないとも思うけれど、もうちょっとジューシーだといいのに。

味 ★★★

ジャンク度 ★★★

話変わって…

このブログ、「レシピブログ」に登録をしているのだけれど、今までちゃんと活用していなかった。

でも時々レシピブログで紹介してもらってるみたいで、そこから見に来てくれている人もいて、アクセス解析で見つけると、これがけっこううれしい。

Rs12cover この間「レシピブログ×リアルシンプル」スペシャルコラボ企画に応募してみたら、読者モニターに当選。リアルシンプル12月号が送られてきた。日経BPが出している雑誌。以前買ったことがあるけれど、広告がきれいで、タイアップで読み物になっていたりするのが好き。

モニターなので、質問の回答を公開します。

【Q1】『リアルシンプル12月号』で気になった記事は?

キレイと言われるそうじ法

私はかなりのそうじ下手。それなのおそうじの記事を書く機会がなぜか多い。実践して参考にさせていただこうかと…。

【Q2】12月号の付録『リアルシンプル・ベストレシピ』のベスト レシピはどれ?

サバのソテー中華だれ

そんなに凝った料理ではないけれど、サバをスティック状に切るという発想が面白い。盛り付けきれいだし、応用もききそう。

【Q3】ぽっかりあいた30分。さて、あなたは何をする?

冷蔵庫の中に顔突っ込んで、使用未期限間近のものや使いかけの野菜を取り出す。そして寄せ集めスープや常備菜を作る。または、愛犬と戯れる。

リアルシンプル創刊1周年企画参加中

↓レシピブログランキングにも参加はじめました。クリックよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)