« 2008年9月 | トップページ | 2009年5月 »

2008年11月11日 (火)

20食め アライドコーポレーション レンジで四川刀削麺

四川刀削麺だからカテゴリーに悩んだけれど、あえてタイフード。その理由は後でわかりまPhotoす。

購入場所 アライドコーポレーション(通販)

購入価格 346円

バンコクに支店のあるアライドコーポーレーションのオリジナルカレーペーストをネット通販で購入する際、新商品ということなので試しに一緒にオーダー。同じシリーズには「担々麺汁なし」と「パッタイ」Photo_2がある。

ホームページには「花椒と唐辛子と少量の芝麻醤を利かせたソースと生麺タイプが特徴」とある。

でもアライドコーポレーションなので四Photo_3川刀削麺でも原産国はタイ。果たしてどんな味なのか…。

紙の箱の中身は麺と四川ソース、かやくと粉末の花椒。花椒以外を箱にあけ、ふたをしてレンジでチン。とても簡単。麺はなんだか給食のソフト麺みたい。袋から出す時、懐かしい気分になった。

レンジで加熱中に漂う香りは、まるでタイの屋台。不思議、不思議Photo_4

よく混ぜて花椒を振りかけて完成。かやくは青ネギらしい。

う~ん、これはタイの味。甘いし、この辛さも四川でなくまさしくタイ。それから刀削麺もちょっとヘン。本来の刀削麺は削るから麺の両端が細くなるのだけれど、太さが一定で端の断面は四角い。やっぱりほんのちょっとコシのある給食のソフト麺だ。

それとね、青ネギが紙の箱にくっついて取りにくい。しかもほとんどが歯にはさまる。確かにすきっ歯だけどね、けっこうの確率で歯にはさまる人がいると思う。

四川刀削麺の品名はちょっと「?」だけれど、まずくはない。じんわり汗かく辛さも悪くない。一風変わったタイのインスタントフードだと思えばいい。

味 ★★

ジャンク度 ★★★★

辛い度 ★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年9月 | トップページ | 2009年5月 »