« 2008年4月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年5月29日 (木)

17食め  Lobo SPICY CHICKEN-IN-RICE SEASONING MIX

タイに仕入れに行ってから半年が過ぎたけれど、我が家にはまだまだある「簡単タイ料理の素」。母が遊びに来たので、LoboブランドのSPICY CHICKEN-IN-RICE SEASONING MIXを使ってランチを作る。

購入場所 テスコロータス(バンコク)

購入価格 12.5バーツ(約43円)

Photo

中にはシーズニングミックスが2袋入っていて、1袋で4皿分作れるとある。これで手軽にタイの料理カオマンガイが作れると思い、封を開けてみると、黄色い粉末。ター メリックたっぷりって感じだ。通常カオPhoto_4マンガイはこんなに黄色くないと思うけれど…。別の料理なっちゃうのかな。まぁ、作り方の指示に従って作ってみましょう。

パッケージの写真では骨付きチキンを使っているけれど、あいにく我が家にはもも肉しかないので、シーズニPhoto_5ングミックスをもも肉にふりかけて、よく揉み込んでから15分置く。

炊飯器に米(2合)と水、チキンを入れて炊く。ついPhoto_3でに冷蔵庫にあった少量のタケノコも入れて炊き込んでみた。

炊き上がったら鶏肉を取り出して切り、一緒に炊き込んだタケノコと、スライスしたきゅうりと もやしを添える。ご飯はやっぱりとても黄色くなった。型に入れてドーム型にして、パクチーのみじん切りをトッピング。豆腐のスープと豆のサラダをプラス。

さて。お味は…。Photo_7

鶏肉がとても柔らかくてジューシー。ほんのり辛くていろいろなスパイスが気持ちよく香る。塩分も甘みも控えめで、タイの調味料にしては物足りないくらいあっさり。でも最後までおいしく食べられる優しい味。私は好きですよ、これ。母も気に入った様子。年配者も食べられる、しつこくないタイ料理だ。

鶏もも肉はふたりで1枚全部食べたけれど、ご飯は半分余ったので母が持ち帰ることに。「ちょっとだけカレーをかけて食べたらいいよ」と勧めた。味が濃くないから、そんな食べ方もできると思う。例えばシンプルな日本のカレーでも、ご飯がスパイシーだから味わいがアップするはず。

見た目も味もカオマンガイとは少し異なるけれど、味はよし!

味 ★★★★

ジャンク度 ★★

話題度 ★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

16食め サイアムヤマモリ 鶏肉のバジル炒め

鶏肉のバジル炒め=タイの料理名は「ガイ パッ バイカパオ」。このブログの8食めで、ホーリーバジルシーズニングペーストを使ってガイ パッ バイカパオのアレンジ料理を作ったが、今回はまったく手間のかからないレトルト。タイ屋台の定番、ゴハンにかけて目玉焼きを乗せて、ランチで食べてみることに。

購入場所 クイーンズ伊勢丹

購入価格 315円Photo

サイアムヤマモリは、そばつゆ類やレトルト食品を製造販売しているヤマモリのタイ現地工場だ。ちなみにここのレトルトカレーシリーズもなかなかおいしい。特にプーパッポンカレーのレトルトは亭主の好物。

熱湯で5分くらい温めればもう完成。ゴハンにかける。目玉焼きはササッと両面焼きで。黄身は半熟でゴハンと具と絡めて食べるのがいい。

玉ねぎや赤ピーマン、タケノコも入っていて味わい深い。辛みと甘みのバランスよく、味がしっかり濃いめで、ちょっとの量Photo_4でゴハンがいっぱい食べられる。はじめは全体の量が少ないと思ったけれど十分。ホーリーバジルの独特の香りもしっかりとあって、口の中が爽Photo_5やか。ただやっぱりレトルトの欠点、鶏肉がパサつく。これが解消されれば言うことなしなんだけど、やっぱり難しいのかなぁ…。

味 ★★★

ジャンク度 ★★★

話題度 ★★★

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

15食め センセン カルグクス

おいしい豚肉料理が食べたくなって、ランチタイムに新大久保のコリアンタウンに行ってきた。

都心部でも、平気で車を転がす母が一緒なので、たっぷり買出しもできた。

その時に韓国広場というスーパーマーケットで購入したインスタント麺の「カルグクス」をアレンジ。

購入場所 韓国広場(新大久保)

購入価格 200円Photo

英語表記はなく、韓国語はまったく読めないので食べてみてゆで加減を調整することにす る。パッケージにエビやあさりの入った仕上がりの写真が載っていたので海鮮が合Photo_2うのだろう。あさりと牡蠣と菜の花を具材することにした。

油で揚げたインスタント麺ではなく、生麺に近い。乾燥した唐辛子とネギの薬味が粉末スープとは別の袋に入っている。Photo_7

煮込み時間2~3分で完成。

韓国広場で買ったお惣菜のチヂミとキムチも添えた。カルグクスはきしめんのような平たい麺でコシは控えめ。唐辛子 は入っているけれど辛味はほとんどなくて、塩系のサッパリ味。スープは魚介系のだしなのかもしれないけれど、牡蠣のだしがかなり出てしまってわかり にくい。油分もほとんどなくて、カロリー低そう。食欲がない時や、ダイエットの時のランチに向きかもね。

Photo_6 ちなみに私達親子がコリアンタウンでランチしたのは「カントンの思い出」というメジャーなお店。豚ばら肉を焼いたサムギョプサルは、ほPhoto_4どよく油が落ちておいしくて、ついつい夢中に。2人前でけっこうたっぷりな量。翌日は「要ダイエット」である。サイドメニューのミ ソチゲも美味でした。

味 ★★★

ジャンク度 ★

お腹に優しい度 ★★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年8月 »