« 16食め サイアムヤマモリ 鶏肉のバジル炒め | トップページ | 18食め 興盛食品 胡蘿ト面(にんじん麺) »

2008年5月29日 (木)

17食め  Lobo SPICY CHICKEN-IN-RICE SEASONING MIX

タイに仕入れに行ってから半年が過ぎたけれど、我が家にはまだまだある「簡単タイ料理の素」。母が遊びに来たので、LoboブランドのSPICY CHICKEN-IN-RICE SEASONING MIXを使ってランチを作る。

購入場所 テスコロータス(バンコク)

購入価格 12.5バーツ(約43円)

Photo

中にはシーズニングミックスが2袋入っていて、1袋で4皿分作れるとある。これで手軽にタイの料理カオマンガイが作れると思い、封を開けてみると、黄色い粉末。ター メリックたっぷりって感じだ。通常カオPhoto_4マンガイはこんなに黄色くないと思うけれど…。別の料理なっちゃうのかな。まぁ、作り方の指示に従って作ってみましょう。

パッケージの写真では骨付きチキンを使っているけれど、あいにく我が家にはもも肉しかないので、シーズニPhoto_5ングミックスをもも肉にふりかけて、よく揉み込んでから15分置く。

炊飯器に米(2合)と水、チキンを入れて炊く。ついPhoto_3でに冷蔵庫にあった少量のタケノコも入れて炊き込んでみた。

炊き上がったら鶏肉を取り出して切り、一緒に炊き込んだタケノコと、スライスしたきゅうりと もやしを添える。ご飯はやっぱりとても黄色くなった。型に入れてドーム型にして、パクチーのみじん切りをトッピング。豆腐のスープと豆のサラダをプラス。

さて。お味は…。Photo_7

鶏肉がとても柔らかくてジューシー。ほんのり辛くていろいろなスパイスが気持ちよく香る。塩分も甘みも控えめで、タイの調味料にしては物足りないくらいあっさり。でも最後までおいしく食べられる優しい味。私は好きですよ、これ。母も気に入った様子。年配者も食べられる、しつこくないタイ料理だ。

鶏もも肉はふたりで1枚全部食べたけれど、ご飯は半分余ったので母が持ち帰ることに。「ちょっとだけカレーをかけて食べたらいいよ」と勧めた。味が濃くないから、そんな食べ方もできると思う。例えばシンプルな日本のカレーでも、ご飯がスパイシーだから味わいがアップするはず。

見た目も味もカオマンガイとは少し異なるけれど、味はよし!

味 ★★★★

ジャンク度 ★★

話題度 ★★★★

|

« 16食め サイアムヤマモリ 鶏肉のバジル炒め | トップページ | 18食め 興盛食品 胡蘿ト面(にんじん麺) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115539/41362303

この記事へのトラックバック一覧です: 17食め  Lobo SPICY CHICKEN-IN-RICE SEASONING MIX:

« 16食め サイアムヤマモリ 鶏肉のバジル炒め | トップページ | 18食め 興盛食品 胡蘿ト面(にんじん麺) »