2015年3月 4日 (水)

つむじ手術成功です

つむじ、今日2回目の手術が無事終わり、

麻酔から覚めたと先ほど動物病院から電話がありました。

Img_1655


ひとまずホッとしています。

今日から4泊5日の入院で、

尿道にカテーテルを入れて新しくつくった尿の出口を安定させるそうです。

ペニスは完全に切除されてしまいましたが、

日曜日、元気に帰って来てくれるでしょう。

たくさんの人に応援メールをいただきました。

ありがとうございました!!

写真は一昨日のつむじです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

つむじ、8才。がんばる。

昨年10月からつむじの体調が悪くなり、大変な時期が続いたいのですが、少し落ち着いてきたので書くことにしました。久し振りの日記ですが、長文です…。
もし、同じような症状に悩んでいらっしゃる方がいたら、参考にしていただけたらと思います。

Img_155810月後半につむじの尿が出にくくなり、かかりつけの病院にてカテーテルで尿を出してもらうことになったのですが、ネコ用の細いカテーテルでようやく通るくらい尿道が細くなっていました。肛門からの触診で前立腺手前にしこりがあるともいわれ、悪性腫瘍かもしれないと不安な日々でした。

ステロイドと消炎剤を処方してもらうも、ほとんどよくならず、尿がまったく出ず、まったくゴハンを食べない日もありました。尿が2日間出ないと、尿毒症から腎不全になり、死んでしまうそうです。11月、12月は2日に一回、3日に一回とカテーテルを入れてもらったり、レントゲン、尿検査、血液検査を数回していただきました。

カテーテルやステロイドの影響で尿に細菌が増えたりもしたため薬もいろいろ変えたのですが、いっこうによくならないのでかかりつけの病院から「東大の獣医学部できちんと検査を…」という話をいただき、1月22日に予約を入れてもらいました。

つむじは尿意が常にあるようで、昼夜を問わずトイレで何度も何度も長い時間足をあげるのですが、尿は数滴しか出なくて、しまいにトイレに座りこんでしまったり…。とにかImg_1570く原因がわからないため不安で、東大の検査を待つ日々でした。

1月15日、つむじは夜中、まったく寝ませんでした。座ることも横になることも苦しいようで、唸っていました。朝になり、つむじの身体をチェックしたら、睾丸が信楽焼の狸の置物!!のように腫れあがっています! 緊急オペの可能性も考え、朝食を与えずかかりつけ病院に直行。やはり緊急オペで去勢手術をすることになりました。夕方、先生から連絡があり、睾丸のみならず、陰嚢もひどく膿んでいたとのことで陰嚢ごと摘出したとのこと。でも術後の経過がよいとのことで、ひとまずほっとしました。写真は翌日お迎えに行った後の写真。包帯を着ています。

今回、睾丸と陰嚢が腫れてしまったことと、尿が出にくいこととは因果関係がないだろうというお話で、「同時期にふたつのシモの病気になるとは…!?」つむじもガックリしているように見えました。

1月15日、東大で触診、レントゲン、CTを撮ってもらいました。今まで麻酔をしたことがないつむじが、今月2度めの麻酔をすることに…。パグなので、これも心配。無事検査が終わり、その結果…

確かに前立腺手前に腫瘍があるが、悪性の可能性は低いとのこと(ホッ)
尿が出にくかった原因は、尿道の2か所に石が突き刺さっているからとのことでした。さらに膀胱内にも結石があり、これが尿道に降りたらまた大変なことになるだろうと…。
つむじはストラバイト結石ができやすい体質で小さな頃から療法食を食べています。でも近年は、シュウ酸カルシウムの結石もできてしまうようになり、PH値のコントロールで、苦労をしていました。刺さっている結石はおそらくシュウ酸カルシウムとのことでした。水圧をかけて流し取ろうとしたけれど取れず、治す方法としては、手術が理想的とのこと。
その方法は尿管を切り取り、肛門の手前に尿を出す場所をつくるというもの。これにより、石は細い尿道を通らずに済み、膀胱にある結石も出てくれるだろうということでした。尿意の神経は残せるのて、自分で排尿できるとのこと。東大では、1月15日に行った手術の抜糸もしていただきました。

もし前立腺に悪性腫瘍があれば、手術はとても難しいものになるようです。
それに比べると尿管切除・尿の出口を変える手術はそれほど難しいものではないとのことで、手術を受けることにしました。つむじが楽になるのが一番!
ただし、1月15日に手術をしたばかりで、切開するのは同じ場所。
傷とつむじの状態が落ち着いてから、つむじはまた手術をします。
今も尿はポタポタですが、幸い食欲も戻り、元気にしています。

つむじ、8才6カ月。がんばります!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

つむじ、ピンチ。

オクラが来て10日めの6日。

オクラはとても元気。相変わらすのやせっぽちだけれど、様子を見に来た母に「毛ヅヤがよくなった」といわれてる。体調はとてもよさそう。

ところがこの夜からつむじが激しい下痢に。うちに来てから3年間、ずっと快便だったのに!!夜中も3回くらい起きて下痢をした。

翌7日。朝から下痢が激しい。そして夕方には嘔吐。夜は絶食。夜中には2時間置きに起きて下痢。胃液もはく。

8日に病院へ行き、下痢止めと吐き気止めの薬をもらったけれど、まったく効かない。血便も出てしまった。

昨夜は30分おきに下痢と嘔吐。私はつむじのトイレのそばのソファで寝たのだが、一睡もできなかった。masaもほとんど寝ていないだろう。オクラだけはぐっすり寝てくれた(朝4時50分に起きてギャンギャン鳴いたけど、これはもう恒例)。

つむじは今朝も絶食で、masaがつむじを病院に連れて行く。尋常じゃない下痢と嘔吐で脱水が激しいとのことで、水分と吐き気止め、下痢止めの皮下注射を3本も打って、背中がこんもり盛り上がって痛々しい。徐々に水分を吸収する、点滴のようなものだろう。「今日の夕方も同じ注射を打ちに来てください」とのこと。

2週間前に病院で体重を量ったとき8.2kgで、「ちょっとダイエットしなくちゃね」なんて言っていたのに、今は7.4kg。わずかな期間に一気に痩せてしまった。

どうしちゃったの、つむじ。オクラが来たことで環境が変わったことによるストレス!? でも最近ではつむじからオクラに寄り添って寝ていたりして、とても安心していたのに。

オクラが元気なのが救いだ。2パグとも状態が悪かったら…と思うと…。つむじは私たちが思っていた以上に繊細だった。

今日の注射が効いてくれたらいいのだけれど…。つむじ、戦っています!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

ヒトの首ってあたたかい。

寒くなってきて、ハウスでしか寝られなかったつむじも、お日様があたる場所やエアコンの風のあたるとこの下で、コロンと転がって寝るようになった。

やっと「ウチの中ならどこで寝ても安全」と思えるようになったみたい。

なかなか警戒心の強かったつむじ。

この週末、masaがお日様のあたるあったかい場所で大の字で寝ていたら、つむじがのそのそやってきて、胸の上や股の間で気持ちよさそうに寝た。masaは大喜び。

でもね、

あと少しで風邪がよくなるかなぁ…と思ってベッドで寝ていた17日金曜日の午後、試しにつむじをベッドに呼んでみた。そしたら、しばらくウロウロしたり、masaの枕をホリホリして遊んだりしていたけれど…。

そのうちゆっくり私の枕の上にやってきて、ナント横向きになってる私の首に頭を乗せて枕にして、私の顔に体をくっつけてパタリと寝に入ってしまった。

うわぁっ。気持ちいい~。

私のあったかいところを知っているつむじがとても愛しい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

飄(つむじ)のブログ。

「つむじのブログ、作りたいよ。でも私は3コもブログ書いてるから書けないよ」

と言ったら、masaがシブシブ、ブログはじめた。

http://tsumuzi.cocolog-nifty.com/blog/

どうなるかしらと思ったけれど、凝りまくり!

タイトル周りなんて、オリジナルで作っちゃったんだよ。私にはできない!

どうぞ、応援してやってください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)