2009年6月28日 (日)

うなされる~。

今、ピンチを脱出できない私のグチ。

久し振りに仕事のストレスとプレッシャーで夜中にうなされた。「楽勝」と思っていた仕事が思い通りに行かない。

自信満々なところを、とことんダメ出しされる。しかもディレクターがちゃんと仕事しないから、やんなくていいことまでやらされてる。仕事しながら声に出して文句いいっぱなし。

毎日パソコンに向かって同じ姿勢のままだから、持病が出て足がむくむ(エコノミー症候群状態)。ストレスと鬱陶しい天気も手伝って、もひとつの持病のアトピーが悪化する。余裕がなくてつむじの顔見られない→遊べないからつむじもストレス。私が口を開くとマイナスの内容ばかりだから、家族も凹む。ジムにも行けない。あ~。いいことない。

でもこの仕事の唯一いいところは手離れがいいこと。ゴールはある!  来月はクラビ&バンコクだ。やったぁ、やったぁ。

このクライアントの仕事は今後も続くらしい。今は断る気満々だけれど、喉元過ぎると熱さ忘れる性分。また仕事やっちゃって同じことを繰り返すのかも。でも断りた~~い!!

15年ものキャリアがあるのに、仕事選べない自分が情けなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

新習慣。

6月に小浜島と石垣島に行って以来、ずっと続いていること。それはウコン茶を飲むこと。Photo_5

旅行中はどこに行く時も、飲み屋さんでもチェーサー代わりに、ポッカのペットボトルの「うっちん茶」をゴクゴク飲んでいた。

旅行から帰って、同じうっちん茶を買い求めようとしたら、通販で沖縄から取り寄せるか、沖縄のアンテナショップに行くしかないみたい。それなら…と、薬局で煮出用のティーバッグ入りウコン茶を購入し、やかんで作ってペットボトルに詰めることにした。

毎日飲んでいる理由は肝臓を労わるため。

私は毎月検査のために採血していて、幸いにも(?)γ-GTPの値も毎月出てくる。一応正常値ではあるけれど境界線ギリギリsweat01

でもここ2ヶ月はいい感じに下がっている。Photo_4

そう。ウコン茶のおかげに違いない。

BOTTLE DESIGN by MASA

upwardright「TENTEKI」downwardright「ARINOSU」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

ティッシュペーパー。

ブログに書いたことを本人が知ると激怒すると思うので、あえて“60歳代の中で、私がこの世で最も親しくしている女性のこと”と書く。
彼女は時々、ティッシュペーパーの小さくよれた切れっぱしを顔につけていることがある。指摘すると、汗をかいてティッシュペーパーで拭いたのだという。汗で濡れ、溶けて破れたティッシュペーパーが顔に残ってしまったのだ。ハンカチやタオルで拭くべきだと私が言うと「年を取るとみんなティッシュで顔拭くって友達が言っていたけれど、やっぱり私もやっちゃってるわね」と言って笑った。

話変わって、いつも行っているジムのパウダールームには、ボックスタイプのティッシュペーパーが設置されている。ある日、隣に座った50~60歳代の人がシュッシュッと5枚くらいティッシュペーパーを取り出し、濡れた髪を拭きはじめた。その直後に私の反対隣の50~60歳代の人もティッシュペーパーで髪を拭きだし、私は目を疑った。これはどう考えても効率的じゃない。エコを語るつもりはないが、この年代は資源というものに無頓着な人が多いような気がする。モノが際限なく増え続けた時代を生きてきたからなのだろうか。

この出来事をはじめに書いた女性に話してみたら「私は顔は拭くけれど、髪は拭かないわよ」と強く言っていた(←書いておかなきゃ怒られる)。

それにしても…なぜティッシュペーパー好きなのか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

上海ゆたんぽ。

私は炎天下の中で汗をダラダラ流し、笑いながら歩くのが趣味なくらい猛暑マニアなのだが、反面、冬は大嫌い。体がカチカチに固まり一歩も動けない。しかも肌はカサつき、粉をふいて痒い。冬はいいことがない。だから将来、我が家に経済力さえあれば、常夏の国に移住する予定だ。

この冬は例年にも増して堪えている。仕事中はエアコンと体の脇にピッタリとオイルヒーターを置くというダブル対策をとるのだが、それでも寒い。最近1月の電気代の請求が来て1万2000円を越えていた。こっちも対策を考えなければ…と頭も痛い。Photo_3

そこで、昨年12月に上海のカルフールで購入した湯たんぽをゴソゴソと出してみた。説明 書きの漢字とイラストから「80℃以上のお湯は入れないで」と、書かれていると判断。点検済みで合格マークも書いてあるけれど、不良品であっても取替えにはいけない。

おそるおそるお湯を入れて、ジーンズの中に押し込む。しばらくするとポカポカ温まってきて、予想以上に快適だ。もうひとつ出してきて、お湯を入れてmasaにも渡すと「いいね、これ」と…。夜には布団の中に入れて、足元を温めた。「朝には中の水を出して顔を洗うんだよ」とmasa。体温でぬるま湯になっている朝の湯たんぽの水。昔の人はそうやって湯たんぽを有効に2使ったんだな。

つくりはけっこう雑だけれど、水漏れはまったくなくてしっかりしている。難点はゴム臭いことだけれど、何度か使ううちに臭さも弱まり、気にならなくなってくる。

この冬の後半戦、お湯をいっぱい沸かして…。お腹に湯たんぽ、龍井茶を何度も注ぎ足して、体の中と外から温めて乗り切っていこうと思う。

この湯たんぽは数個買って、友人達に無理やり「上海ミヤゲだよ」と押し付けた。中には「なにこれ? 漏れるんじゃないの?」と「イヤゲモノ」扱いで、渋々持ち帰った、いかにも私の友人らしい人も数名いたが…

幸運にもこの湯たんぽを私から受け取ったみなさんにお知らせ。

この湯たんぽ、実は優れものです。捨てたり、しまい込んだりせず、80℃のお湯を2/3ほど入れて、まずは腰の後ろに当てたり、お腹に入れて使ってみてください。きっとあなたを心地よく温めてくれます。万が一不良品があった場合は、わずかの在庫がありますので、遠慮なくお申し出ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

夏休みの思い出。

毎年我が家はお盆休みに遠出をしない。

渋滞キライ、いつもは空いてる場所が人で溢れるのキライ。空いている東京がスキ。

今年のPhoto_4お盆休みの1週間、近所をウロウロとよく遊んだ。Photo

ウチから自転車で5分くらいの「ホテルカデンツァ光が丘」のビアホールにも初めて行ってみた。

Photo_1022階から自分が住んでいるマンションや、周辺を見下ろすのはなかなか面白い。目白通りや笹目通り・環八の夜景は思っていたよりもきれいだ。

生ビーPhoto_5ルもおつまみもPhoto_6ホテルなのにリーズナブル。もう3 年住んでいるのに、近所の新スポットを発見した気分だった。

というわけでPhoto_8…もうすぐ8月も終わる。今さら書いているなんて、まるで宿題の日記をつけ忘れ、夏休みの終わりに慌てている小学生のよ う。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

行く夏。

夕方、洗濯物を取り込んでいた時。

タオルを取ったら、「ブブブブブブ~」と羽音。蝉が付いていた!

「ギャー!!」凄まじい私の声。

蝉は少し飛んで、ベランダの内側の壁に止まった。ジッと見ていたら

「あとちょっとの命なのに、オマエのデカ声でまた寿命が縮まったやんけ」

って言っているように見えた。ごめん、ごめん…。

ブログ用に蝉を撮影しようって思って、残りの洗濯物を慌てて取り込んでいたら、終わり間近、[ブブブ~ッ」と元気に飛んでいってしまった。

…なので写真はなし。でも元気でよかったな。

蝉の声も少しずつ少なくなった。もうすぐ大好きな夏が終わってしまう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

悲報。

好きだな…って思っていた人が、とても早く亡くなってしまった。

鴨志田穣さん。今朝の朝日新聞で。今日は祭日で友人が昼から遊びにきてくれて、ご飯を食べ、楽しい時間を過ごし、新聞に目を通したのは夕方。

腎臓がんだったそうだ。masaと同じ42歳。

呆然とした。

カモちゃんのアジアの写真、それから文章。いつだって読めるし、これからもずっと読めると思っていた。会ったことはないけれど、とても近く感じていたし、生き方も容姿もタイプだった。おそらく私には手におえない男だと思うけれど。

辛い、悔しい人、日本中にたくさんいるだろう。本当に残念だ。

ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

イライラのち、ほのぼの。

昨日「アルゼンチンババア」の試写会に行った。

内容はさておき…

私と友人の後ろの座席には、どうやって試写会の券を手に入れたのかしらって感じの老夫婦。

映画が始まっても後ろからポリ袋のガサガサ音が聞こえて、ちょっと気になる。

さらにご主人のほうが「あっ、行っちゃうんだ」「埋めるんだ」「投げるよ、ほら」とか、“観ている誰もが想像できる次に起こること”をしゃべる、しゃべる。

さらに奥さんが「うん、うん」」「ホントだ」としっかり毎回相槌…。

はじめはけっこうイライラしたけれど、後半にはもうすっかり慣れて、“きっとふたりで暮らしていて、こんなふうにいつも話しながらテレビを観ているんだろうな”って気持ちになれた。

友人もやはり気になっていたようで試写が終わった後、「きっとウチの親もあんな感じだよ」って言っていた。

ふふ…。それは、仲良くていいことだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

臭い息でお墓参り。

お昼頃にsumiさんのお墓参りに行った。

ウチから自転車でわずか15分。

sumiさんの知り合い(家族や姉妹も含めて)の誰よりも私の家が近い。それなのに一周忌から9日間も遅れてしまった。

お花とお線香を供えて手を合わせたら、

「なっちゃん。おっそーい。待ってたわよぉ。なにしてたのよっ」って第一声と、それから

「ん!? 臭い!! 昨日ナニ食べたのよぉ?」

って生前、だらしない私のことを細かくチェックしてくれたsumiさんの声が聞こえた気がした。

ごめんなさい。昨日友達と「もつ鍋」を食べに行ったんだ。ニンニクたっぷりだったからなぁ…。すごくおいしくてね、楽しかったんだよ。モリモリ食べて、ちょっといい焼酎もたっぷりいただいちゃった。

「まったくもうっ飲み過ぎなんじゃないの。翌日人に会うときはそういうゴハン、食べちゃだめよ」Dsc06442

56歳の年齢にそぐわない子供みたいなかわいい声。

sumiさん、全然来なかったこと、ごめんなさい。こんなに近くて、いつだって来れたのに。これからはもっと、いろいろ報告に来るからね。

今日はパンズの誕生日だったよ。生きていたら3歳になってた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

こんなことが寂しいなんて…。

うちのマンション前の横断歩道を渡ったところにあるセブン-イレブン。

約3年前に物件探しをしてたとき「コンビニも近いし便利だね」ってひとつのポイントになってた。

でもいざ引っ越してみるとビールを買い忘れたとき頼りにするくらいで、日常的に行くことはなかったけれど。

そのセブン-イレブン、今日閉店してしまった。1_10

2週間くらい前から「23日23時に閉店します」って張り紙が出て、それからカウンター前に少しずつワインや日本酒や雑貨関係が並んだ。全部半額だった。それを見つけた私は、ラッキーとばかりに毎日のように覗いて、気に入った酒類を買い占めていた。2_12

でもどんどん棚から品物がなくなっていって、そのうちお弁当やおそうざい以外はほとんどなくなり、ガランとしていく。毎日のように見続けてたら、なんだか無性に寂しくなってきた。

23時過ぎた今、店内はうっすら明かりがついているけれど、看板のライトは消えている。初めて見る景色。

すごく久しぶりのブログで、こんなつまんない日常の話で“なんだ”けれど…  3_5

くーっ。なんか寂しいよ~。

写真は今日の昼間と閉店直前(21時頃)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)