2010年6月 9日 (水)

オクラの里親決定&お別れBBQ

友人たちに「止まったまま」となかば呆れられているサボり過ぎのブログ。

いろいろ書きたいことがあったのだけれど、なんだか書く気にならず。でもいよいよみなさんに報告しなくてはならないことがあるので、書くことにした。

ひよ吉94号くん、我が家での呼び名「オクラ」の里親さんが愛知県に住むファミリーに決まった。先週の金曜日、その方(Nさん)がわざわざ新幹線で我が家まで来てくれて、オクラと面会して気に入ってくださり、ほぼ即決だった。

4月、私がベトナム旅行をしている間、10日間オクラを預かってくださった、ふがれすのスタッフじゅんさんが、オクラをたいそう気に入ってくれて、Nさんに里親になってはどうかと話してくださったのだ。

Nさんは2匹のパグと一緒に暮らしていたのだけれど、昨年、今年と立て続けに愛しいバグたちを亡くしてしまい、精神的なダメージがかなり深かったそう。周囲の人たちに「また大好きなパグを飼うことが、いちばんの療法」と薦められて、決意されたという。

パンズが亡くなってしまったとき、半年過ぎても寂しくて辛くてどうしようもなくて、つむじを迎えることにした私たちには、お気持ちがよーくわかる。

これからいっぱいの愛情で包み込んでくれるファミリーと生涯を送ることができるオクラ。幸せだ。

………

思えば1月末のすごく寒い日の夜にオクラはやってきた。毛はボサボサだし、やせっぽちの枯れ枝みたいだし、象皮だらけの皮膚炎だしで、初預かりの私はちょっとした衝撃を受けた。すぐにシャンプーをしたけれど、ゴツゴツ骨だらけの体のうえ、ちょっと体に触れると、ふんばれずに腰が浮いてしまうほどの軽さで、どう扱っていいのかわからなかった。いくら洗っても汚れは落ちなかったし…。後日、masaがシャンプーをしてくれた。終わったあと彼は泣いていた。ガリガリに痩せた体を洗っていたら、悲しさと悔しさがこみ上げてきたらしい。亭主とはいえ、男の涙に弱い私はそれを見て大泣きした。

来てまもなくオクラは激しい下痢。血便も出て、「もしかしたら悪い病気かも…」と思ったけれど、病院で注射を打ってもらうとあっという間に治り、ホッとした。ただしその後、どんなにケアしても皮膚病はなかなかよくならず、体重もまったく増えなかった。それでも元気いっぱいの甘え上手なので、我が家に来る人たちみんなに愛された。

5月になって、梅雨に入る前に皮膚を診ていただこうと、ふがれすの指定病院にオクラを連れて行った。なかなよくならない…と訴えると、抗生物質と抗ヒスタミン剤、そして点耳薬を処方してもらった。帰りにふがれすの事務所に行って、代表のとらおさんに顔を見せると「オクラ君、皮膚も、毛ヅヤもよくなった」と言ってくださった。 うん、少しずつ、少しずつだ…

そんな思いでせっせとケアしてたら、ナント白目の濁りが薄れてきて、まったく毛がなかったお腹にケガは生えてきて、カチカチの象皮も柔らかくなって、小さかった腰に肉がついてきたみたい。うちにきて約4ヶ月、ようやく希望が見え出した…

そんな矢先に来たメール「愛知県の人が里親希望です」

それを読むだけで涙があふれてしまった。はぁ~~まだ決まったわけでもないのに、先が思いやられる私。

そして先週、Nさんが里親になってくれることかが決まったのだ。今は時々寂しさでいっぱいになるけれど、子供のいない私がウチから送り出すという初めての行為に、少し感動したりしている。

5685091_7343616_183large  6月5日は、ミ5685091_7317438_139largeクシィのさいたまパグサークルが主催する秋ヶ瀬BBQへ。

これがちょうどよくオクラお別れ会になった。この日はふがれす募金のためのチャリティバザーもしてくださったので、ほとんどの人がふがれすを知っている。みんなが次々とやってきて「里親さん決まってよかったね」とオクラを抱きしめてくれる。 

Horisan2_2 オクラ、こんなにいろんな人に抱きしめられたことあった? あなたは抱っこが大好きだからきっと幸せいっぱいのはず。私もmasaもいいようのない満足感でいっぱいだ。

我が家を発つのは19日の予定。いま、Nさんはステキな新しい名前を考えてくれている。

(上2枚の写真 撮影はちはるさん、下の写真 撮影はホリさん)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

オクラ、里親募集始まりました。

「1週間だけ」とのお話で我が家で預かったひよ吉94号のオクラ。

気付けばもうすぐ我が家にやってきて2ヶ月。

長く預かれない理由は私が今月末から旅行に行くためだったけれど、その間は、ふがれすで預かってくださるということになったので、masaとも相談して、もうしばらく預かりを続けることにした。

オクラ、先週には去勢手術も無事に済み、相変わらず元気。

でもね、手術の前に体重を計ったら、なんとウチに来る前よりも痩せちゃってた!! 私は毎日見ているから、わからなかったけれど、母に「来たときよりもかなり丸くなったよ」といわれて安心していたのに!!

これはかなりのショック。うちにいる間に太らせようと意気込んでいたのに…。オクラは自由気ままで神経質でもないし、便も良好なのになぁ。食べたもの、どこに行っちゃったのかしら。

去勢が終わったので、オクラの「里親さん募集」が始まりました。

ふがれすのサイトに、オクラについての詳細と写真を掲載していただいたので見てください。

コンテンツから里親募集+預かり状況→ひよ吉94号をクリック!!

里親になりたい人、パグを飼いたい人が周りにいたらぜひ。ただしふがれすの「里親の条件」をよく読んでください。

ふがれすから、消化のいいフードや、マラセチアに効くシャンプーももらってきたので今度こそ。里親さんに引き継ぐまでに、パグらしい体型と正常な皮膚にしてあげるからね。なんてったって、オクラは性格もいいし、愛らしい顔をしているんだから。

Ts3m00730001 左がつむじで右がオクラ。オクラのお腹の毛はほとんどなかったけれど、最近ボショポショと生えてきた。

つむじは小顔だと思っていたけれど、オクラと比べると…。

公園に行くとオクラに人気が集中。つむじは最近、オクラの引き立て役になっていて、一歩下がってイジケている。

Ts3m0077_3 晴れた日は2パグでひなたぼっこ。つむじがオクラを避けるので、なかなかこんな2ショットは撮れない。

つむじからオクラに寄り添った超貴重な1枚。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

学習するひよ吉94号(オクラ)。

オクラは前の飼い主にけっこう甘やかせられていたらしい。こんなに甘やかせたうえで捨てるなんてホント腹が立つよ!!

でも「ここの家は、泣いても泣いてもサークルから出してくれない」

「ヒトがキッチンで料理してるときやご飯食べてるとき、足元にベタづきでお座りして、ずっと目をウルウルさせて見ててもまったくタベモノを落としてくれない」

うちに来て1週Photo間たって、ほんの少し理解できてきたオクラ。だいぶほえなくなった。ただしゴハンに対する執着心は相変わらず。ヤセの早食いだ。

オクラ、厳しい我が家で少しずつ学習中。

今日の午前中、お日様がいっぱい入ってポカポカの窓辺で寝ているオクラとツムジ。なんだかツムジがオクラを見守っているように見えて、温かい気持ちになる。

オクラが来てから私は毎朝6時に起きて、オクラが起き出してほえてしまう前にサークルから出す。そして寒いのがめちゃめちゃ苦手なのに、2パグを連れて朝の散歩をしてる。我ながらエライ。

ツムジの散歩は今まで1日1回だったけれど、今は2回。散歩好きのツムジは、オクラが来たことで恩恵を受けてる。

そうね。私もいい運動になってるのかもね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

masaが撮るひよ吉94号(オクラ)の写真

滅多に更新しないこのブログだけど、さっそくパグを飼っている人たちからコメントをもらって、うれしい限り!

オクラの近況を知りたいっていってくださる方がいるし、オクラが来たことでむやみに外出できず時間もあるので、できるだけ報告しなくちゃ。

金曜の注射で下痢と嘔吐がぴたりと止まったオクラだが、注射効き過ぎ! 金曜の朝に血便が出たきり、土曜も日曜もまったく便が出ない!

今度は腸閉塞になりはしないかと不安になって、月曜まで待って出なかったらまた獣医さんに相談しようと思っていたら、今朝の散歩で「超立派なよい便」が出た!

はぁ~~っ、よかった。

Ts3m0048_2  元気に歩いて、皮膚を消毒してごはんを食べて、ひととおり遊んだら、サークルの前で「部屋に戻りたい」と要求するではないか。サークルに入れたら、あっという間にベッドで寝た。

いいぞぉ、オクラ。自分のリラックスできる場所ができたんだね。

それでは昨日、masaが一眼レフで撮った写真です。

941 942 

943

ちょっと若見えだね。も少し歳とってます。

でも瞳がとてもキレイ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

愛し過ぎる、ひよ吉94号(オクラ)。

今日で我が家の生活が4日めになるオクラ。

来た日(27日)の夜はいいウンチをしていたのに、翌日(28日)になると下痢と嘔吐を繰り返して、ちょっとぐったり。

「なんでうちに来て具合悪くなっちゃうの? 風邪ひかせた? でも湯たんぽをベッドの中に入れたりして温かくしたんだけどなぁ…。どうしてだろう…」ってちょっと悩む。

さらに29日の朝には大量の血便! 

午前中に獣医さん(センターから引き取ってはじめに診てもらった)のところに行って、下痢止めの注射をしてもらう。血便も深刻に考えなくていいと言ってくれたので少し安心した。

ウチに帰り、考えた。

例えば人間だって、がむしゃらに仕事してるときはなんとか持ちこたえているのに、一段落して「ようやく休めるよ~」って思ったら、風邪ひいちゃうことって多い。オクラもここに来るまで辛くて辛くてしょうがない日々の、溜まってたもんが一気に出ちゃったのかもしれない。ぐったりしているように見えるけれど、実は「ようやく安眠できる場所ができた。とことん休めるぜ」って思ってくれているのかもしれない。そう信じてみることにした。

その思いに応えてくれるように、オクラの下痢と嘔吐はピタリと止まった。

そして今日(30日)。

Ts3m0038_2  Ts3m0040_3 オクラは朝から絶好調。仕事が休みのmasaもいるから、私たちにペタペタくっついてはしゃぎまくり(はしゃぎ過ぎかも)。昨日がウソのようなオクラだ。

午前中はオクラだけ留守番させて(ハスキーボイスでガンガン泣いていたけれど)、ツムジの病院(2週間に一回の尿結石検査)に行き、事情を話してオクラの皮膚病(マラセチア)専用のシャンプーをもらってきた。そしてツムジ、オクラを順番にシャンプー。2パグともツヤツヤになって、なかなか男前だよ!

オクラは一日に2~3回皮膚の患部を消毒液で湿らせているからか、若干だけれど匂い・痒みとも軽減している感じもする。

さて、我が家の黒パグ、ツムジ3才はどうしているかというと…。

ずっとオクラと目を合わせられなかったけれど、今日やっと目を見るようになった。オクラが近くに寄って来ると猛ダッシュで逃げ回ってばかりいたし、私たちの足元やヒザの上をオクラに完全に乗っ取られていじけていたけれど、(オクラはおそらくMダックスと一緒に住んでいて飼い主の愛情争いをしていたからなのか、とにかく執拗にヒトにひっつく)少しずつ対抗するようになってきた。

ツムジもしばらくの間ガンバレ。そしてこれをきっかけに、いろんな犬たちと仲良くなれるようになってくれたら、なおうれしいよ。

私たち夫婦は張り詰めていた気持ちが少しほぐれたようで、今夜はちょっと飲み過ぎた(自宅でマッコリ&ケジャン鍋。ウマウマ)。

Ts3m0043Ts3m0047  いま、酔ったmasaがカーペットに寝転ぶと…オクラが一目散に近づいて、この状態。

見て。愛し過ぎるでしょう。

実はオクラ、頭や背中は皮膚病一切なし。上から見ると重度の皮膚病があるなんてわからない。お座り・待てができて、トイレシートの認識もあって、何より人懐こいかわいい子!

オクラの預かりは、ほとんど私ひとりで決めてしまったことで、masaには事後承諾といってもいい。自分だけでできる限りのことをしようと思っていたけれど、結局家族の理解と協力が必要で、私ひとりでは無理だった。

母は昨日、車で1時間近くかけてうちに来て、その後にオクラを病院まで運んでくれた。いつもお世話になりっぱなし。

masaはオクラのサークルを作ってくれたり、オクラのおしっこをさせるために寒い朝に外に連れ出してくれたり、今日は2パグのシャンプーをしてくれて…。それから、やせっぽちで肌がボロボロのオクラを抱きしめてくれた。

いつだって、勢いだけはあるのに、結局ひとりではなにもできない自分。いつも見守って、助けてくれている人たちには感謝の言葉もない。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

ひよ吉94号くんがやってきた

人間に捨てられたり飼育放棄された犬を保護し、里親さんにつなげる活動をしている「ふがふがれすきゅー」通称「ふがれす」。

今年に入ってフレンチブル、パグが驚くほどたくさん保護され(どういうことなんだろう??)、しかも高度医療センターで手術を受け、必死に生きようとしているフレンチブルもいたりして、スタッフの人たちは心も体もぼろぼろのはずだ。

昨夜、ふがれす代表の人から、黒パグのひよ吉94号を去勢手術する獣医さんに空きができるまでの約1週間、預かってくれないか…とのメールをもらった。「自分にはなにができるか」と考えていたときだったので、今朝、「預からせてください」と返事をした。

そして今日センターから引き取って、そのまま獣医さんで血液検査、その後で我が家に来るという。なんの用意もできていないのにソワソワ、ドキドキ。仕事が手につかない。

夕方、やってきたひよ吉94号くんは、代官山でミニチュアダックスと一緒に捨てられていたという。セレブ犬っぽい、キラキララインストーンの首輪は、そのときからついていたらしい。でも6キロ弱で骨が出てガリガリ。足、胸からお腹は皮膚病で、象のように段々になって硬くなっている。毛もあちこちはげている。でも幸い顔はキレイで、ちょっと離れた目がチャーミング。推定年齢は5才とのことで、おそらくツムジの先輩。

なかなかいい感じに匂うし、とにかくシャンプー。
汚れていて黒いこしょうのようなものがポロポロと取れた。

masaも気が気じゃなかったらしい。早めに帰ってきてくれて、ネットをつなげて簡易サークルを作る。

サークルに入れると、超ハスキーな声で寂しそうに泣きまくり。
ふがれすの代表の人が言うには声帯を切られているかも…とのこと。そんなことがあるなんて知らなかったよ! 恐ろしい。

なかなかおしっこをしてくれないので、ツムジと一緒に散歩に連れ出したら、つむじのマーキングの跡に、しっかりマーキング。散歩上手じゃないけれど、すごく楽しそう。ごはんのとき、お座りと待てがしっかりとできてビックリ。ちゃんと育てられていた時期もあるんだ! 少しホッとした。

ひよ吉94号の忙しかった一日。いまはぐっすりと寝ているので、明日以降に写真をアップするつもり。

あ~私たち、1週間でもしっかり情が移ってしまうんだろうなぁ。

ひよ吉94号の我が家での呼び名は、オクラ(代官山にある好きな店)に決まった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)