« オクラ、里親募集始まりました。 | トップページ | また来た居候犬! ひよ吉103号 »

2010年6月 9日 (水)

オクラの里親決定&お別れBBQ

友人たちに「止まったまま」となかば呆れられているサボり過ぎのブログ。

いろいろ書きたいことがあったのだけれど、なんだか書く気にならず。でもいよいよみなさんに報告しなくてはならないことがあるので、書くことにした。

ひよ吉94号くん、我が家での呼び名「オクラ」の里親さんが愛知県に住むファミリーに決まった。先週の金曜日、その方(Nさん)がわざわざ新幹線で我が家まで来てくれて、オクラと面会して気に入ってくださり、ほぼ即決だった。

4月、私がベトナム旅行をしている間、10日間オクラを預かってくださった、ふがれすのスタッフじゅんさんが、オクラをたいそう気に入ってくれて、Nさんに里親になってはどうかと話してくださったのだ。

Nさんは2匹のパグと一緒に暮らしていたのだけれど、昨年、今年と立て続けに愛しいバグたちを亡くしてしまい、精神的なダメージがかなり深かったそう。周囲の人たちに「また大好きなパグを飼うことが、いちばんの療法」と薦められて、決意されたという。

パンズが亡くなってしまったとき、半年過ぎても寂しくて辛くてどうしようもなくて、つむじを迎えることにした私たちには、お気持ちがよーくわかる。

これからいっぱいの愛情で包み込んでくれるファミリーと生涯を送ることができるオクラ。幸せだ。

………

思えば1月末のすごく寒い日の夜にオクラはやってきた。毛はボサボサだし、やせっぽちの枯れ枝みたいだし、象皮だらけの皮膚炎だしで、初預かりの私はちょっとした衝撃を受けた。すぐにシャンプーをしたけれど、ゴツゴツ骨だらけの体のうえ、ちょっと体に触れると、ふんばれずに腰が浮いてしまうほどの軽さで、どう扱っていいのかわからなかった。いくら洗っても汚れは落ちなかったし…。後日、masaがシャンプーをしてくれた。終わったあと彼は泣いていた。ガリガリに痩せた体を洗っていたら、悲しさと悔しさがこみ上げてきたらしい。亭主とはいえ、男の涙に弱い私はそれを見て大泣きした。

来てまもなくオクラは激しい下痢。血便も出て、「もしかしたら悪い病気かも…」と思ったけれど、病院で注射を打ってもらうとあっという間に治り、ホッとした。ただしその後、どんなにケアしても皮膚病はなかなかよくならず、体重もまったく増えなかった。それでも元気いっぱいの甘え上手なので、我が家に来る人たちみんなに愛された。

5月になって、梅雨に入る前に皮膚を診ていただこうと、ふがれすの指定病院にオクラを連れて行った。なかなよくならない…と訴えると、抗生物質と抗ヒスタミン剤、そして点耳薬を処方してもらった。帰りにふがれすの事務所に行って、代表のとらおさんに顔を見せると「オクラ君、皮膚も、毛ヅヤもよくなった」と言ってくださった。 うん、少しずつ、少しずつだ…

そんな思いでせっせとケアしてたら、ナント白目の濁りが薄れてきて、まったく毛がなかったお腹にケガは生えてきて、カチカチの象皮も柔らかくなって、小さかった腰に肉がついてきたみたい。うちにきて約4ヶ月、ようやく希望が見え出した…

そんな矢先に来たメール「愛知県の人が里親希望です」

それを読むだけで涙があふれてしまった。はぁ~~まだ決まったわけでもないのに、先が思いやられる私。

そして先週、Nさんが里親になってくれることかが決まったのだ。今は時々寂しさでいっぱいになるけれど、子供のいない私がウチから送り出すという初めての行為に、少し感動したりしている。

5685091_7343616_183large  6月5日は、ミ5685091_7317438_139largeクシィのさいたまパグサークルが主催する秋ヶ瀬BBQへ。

これがちょうどよくオクラお別れ会になった。この日はふがれす募金のためのチャリティバザーもしてくださったので、ほとんどの人がふがれすを知っている。みんなが次々とやってきて「里親さん決まってよかったね」とオクラを抱きしめてくれる。 

Horisan2_2 オクラ、こんなにいろんな人に抱きしめられたことあった? あなたは抱っこが大好きだからきっと幸せいっぱいのはず。私もmasaもいいようのない満足感でいっぱいだ。

我が家を発つのは19日の予定。いま、Nさんはステキな新しい名前を考えてくれている。

(上2枚の写真 撮影はちはるさん、下の写真 撮影はホリさん)

|

« オクラ、里親募集始まりました。 | トップページ | また来た居候犬! ひよ吉103号 »

コメント

さらなつさんーー読んでいて涙がこみ上げてきて…
今もぬぐいながら書いています。
オクラ君、幸せになるんだよ!とあの日言った時もなんとも言えない熱い気持ちだったけど今も。
masaさんが男泣きしちゃったこと、想像するだけでももらい泣きしちゃう。
でもオクラくんはこれからいーっぱい幸せになるんだもんね。
寂しくなるけれど、幸せの1歩だもん。
オクラ君お別れ会、本当にちょうどいいタイミングで しかもあんなに沢山の人に囲まれて大々的に会ができてよかった。
19日まであと少しだね。
きっと迎えてくれるご家族の方は今とても楽しみにしてることでしょう。
なんだか、親戚が増えるような気持ちって言ってたさらなつさんの言葉を思い出したよ。
きっと何かある毎に、メールやお手紙を交換したりする大切なつながりになるんだろうな。
それにしてもオクラ君、本当に可愛いお顔してるよ!!
写真を眺めるたびにきゅーんとしてしまう私なのでした。

投稿: ちはる | 2010年6月 9日 (水) 18時40分

こんにちは、鈴っぴ&黒パグナイトです。
オクラくん、里親さん決まったんですね!
本当に良かった☆彡
さらなつさんの愛情のこもったケアで
オクラくん、素敵な黒パグになりましたね♪
無事旅立ちの日を迎えられますよう
心からお祈りいたします。
オクラくん、どうぞお幸せに!!

投稿: 鈴っぴ | 2010年6月 9日 (水) 19時45分

先日はおつかれさまでした!
ギリギリ、オクラくんに会えて本当によかったです。
里親さんも決定して、嬉しいことなんだけど
さらなつさんご夫婦の想いを、勝手に想像した私は寂しくなるな・・・って思ってしまいました。
もしかして、つむじくんは別れが来るのを知ってたから、あまり仲良くならないようにしてたのかな。。。
な~んて、勝手に想像してます(*^m^)

幸せになれる第1歩!!
19日はオクラくんのこと 離れた場所からお見送りします。
私のヘナチョコネックレス、、着けてくれてありがとう!
あの時私は嬉しくて泣きそうだったけど、こらえたよ。
ホントによかった! 
さらなつさんファミリーの愛情をいっぱい充電したから大丈夫だよね!
オクラくん 幸せになってね☆ 

投稿: ホリ | 2010年6月10日 (木) 00時04分

さらなつさん、
こんにちは
書き込みさせて頂きます

一杯愛情を注ぎ世話してくださった94号ちゃんを
横からきてかっさらうようなことになり
申し訳無いです
遠くに来ることになってしまいますが
重ねてごめんなさい
我が家の周りは自然がいっぱいです
住宅地ですが一歩出ると
田舎の風景です
都会から田舎へ
びっくりするかもしれませんね

見守っていただいた皆さん、ありがとうございます
一緒に仲良く暮らしていきたいです
これからも見守ってやってください

投稿: むっくなっちまま | 2010年6月10日 (木) 15時50分

★ちはるさん
ありがとう。ありがとう。
何回書いても書ききれないくらい。

タイムリーにイベントををしてくださった、
ちはるちゃんたちに感謝の気持ちでいっぱい!
写真も記念に残ります。うれしい~。

いよいよ今週の土曜、オクラ旅立ちの日です。
たくさんの幸せが待っています。

★鈴っぴさん
いつもコメントありがとうございます。
はい。旅立ちの日までカウントダウンです。

ケアしてもなかなかよくならず、
正直、イライラすることもありましたが、
よくなり始めると早いものですね。
やっぱり根気だな…と思いました。

★ホリさん
ちはるさんもホリさんも、
まるで日記のように長いコメントくださって…。
うれしいなぁ!!

ホリさんに作ってもらったヘンプネックレス、
オクラもツムジもつけていて、ゴキゲン!
我が家に残しておいて、大切な宝物にするつもりです。
ツムジもお似合いよ。

みんなに見送られて、本当に幸せな子。
里親さんも喜んでくださっています。

★むっくなっちままさん
我が家の目の前は主要道路で車ブンブン。
残念ですがお散歩に適した環境ではありません。
そんなところから、自然豊かな場所に移ることができるなんて、
94号くんはなんて幸せなんでしょう!!
ツムジもうらやましいはずです。

はじめての預かりなので思い入れも大きくて…。
よろしければ遠くから、ずっとずっと見守らせてくださいね。

投稿: ナツ | 2010年6月16日 (水) 11時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115539/48583059

この記事へのトラックバック一覧です: オクラの里親決定&お別れBBQ:

« オクラ、里親募集始まりました。 | トップページ | また来た居候犬! ひよ吉103号 »