« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月15日 (火)

ジャパー麺!?

出かけない時、我が家の日曜ランチは麺類、これに軽いおかずとビールのセットが定番。

もひとつの定番はランチタイムに「パネルクイズアタック25」を見て白熱すること。1問正解するごとに3分のマッサージサービスを相手から受けられるからだ。

今日のランチは市販の生麺の「四川冷やし担々麺」。Photo_28

それからお取り寄せした「ホワイト餃子」。よく話題になっているから一度食べてみたかった。何が何でも作り方を間違えないでくれと強く訴えてくる説明書きを読み、油が跳ねまくろうが動じず(決してふたをするな、とあるので)ほぼ忠実に作る。

焼き付けたパリパリの部分の皮はおせんべいみたいでおいしいけれど、閉じた方の反対側の皮はちょっと硬いかも。具はおいしからず、まずからず。まあまあってとこでしょうか。

それよりなにより、冷やし担々麺。

小松菜とキャベツをゆでて刻んだのと、ネギの細切り、ザー菜のみじん切りをボールの中で塩・コショウと少量のごま油と黒酢であえ、ゆでた麺の上にどっかりと盛り、添付のつゆをかけて食してみた。おいし~よ。これ。辛みや八角のパンチも効いててジワッと汗が出るのも快感。独特のクセがキライな人がきっと多いと思うのに「よくやった!」のお味。最近、汁なし担々麺がマイブームな私はかなりはまった。

リピートしたいんだけど、どこで買ったか忘れてしまった…。ゴミ箱に捨てちゃったパッケージのメーカーを見たら「ジャパー麺」って。誰か知ってる人、います?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

ボンボン。

Photo_26 masaのリクエストで、有楽町シネカノンに映画を観に行く。ここでしか上映していないらしいので。masaは張り切って、指定席の券を買っておいてくれた。窓口で犬の写真を見せると100円割引になるらしく「つむじ(我が家の愛パグ)の待ち受け写真を見せたよ」とごきげんさん。

「ボンボン」というアルゼンチン映画。さえないおじさんとドゴ・アルヘンティーノという犬種の白い大きな犬が主人公。

はじめにおじさんを取り巻く大小の難題が出てくる。でも最後まで取り上げられずまったく解決されない課題多々。だいたい映画ってそういうことがはじっこから解決されてハッピーになっていくのが多いけれど、現実はそんなにうまくいくわけないもの。放っておいちゃってるのがこの映画のいいところ。

おじさん役の人は、監督が素人をスカウトして映画初出演らしいのだが玄人はだし。うれしい時は目をウルウルさせて、小さく笑って時にはモジモジする。悲しい時も似た感じ。大きな表情の変化はないのに思いがすごく伝わってくる。佇まいのいいチャーミングなおじさん。もちろん、ドゴのボンボンも名演技。大きくて怖い顔のワンちゃんなのに、かわいかった。

パタゴニアの景色と人物との構図がとてもきれいだったし、色の使い方も効果的。さらりと見せるけれど、かなりこだわってる感じがする。アルゼンチンの人はセンスがいい。

Photo_27 ずっと観たかった映画が観られてmasaはゴキゲン。同じビルに入2_13 っているコカレストランでタイスキをご馳走してくれた。おいしかったけれど内容のわりに高価(しょぼいタイスキコースふたりで8000円)。なのにすごく混んでた。あぁ。バンコクのコカで倒れるほどビアシン飲んで魚介食べまくりたい。バンコク熱アップ中ですな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »