« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月22日 (月)

父よ、すまない。

今朝のこと。

今日は午前中に打ち合わせあり。余裕をもって家を出る1時間前からぼちぼちと支度開始。

昨夜寝る前に「明日はあれを着ていこう」と決めていた服が見つからず、15分探した挙句やはり見つからず。「じゃ何着ていくのよ!!」と勝手に腹を立て、こうなるとなかなか考えがまとまらず悩んでさらに15分。その後で顔を洗ってたら、つむじはモリモリウンチをするし、おしっこをシートからはみ出すし、私が狭い部屋を走り回っていたら、遊んでるのかと思ってつむじがピョンピョン跳ねながら追いかけてくる。つむじを踏まないようにと気をつけていると自分の足が絡んで転びそうになってイライラムカムカ。家を出る時間まであと15分なのに顔がファンデだけののっぺらぼうで、しかも髪ボサボサ。だんだんパニック!

そう。こんな日はとことんついていないことが多い。携帯電話が鳴る。表示は「父」。なにかあったのかと出てみると…(以下会話)

父「お父さんだけど、今は平成何年だ?」

私「えっ!?19年だけど(`m´#)」

父「違うよ、二千何年だって聞いてるんだよ!」

私「えっ!?2007年だけど(▼O▼メ) 」

父「お父さん風邪ひいちゃったんだよ。じゃ、平成8年って書いてあるクスリ、飲んでいいんだよな?」(ちなみに父ひとり暮らし)

私「だめだよっ。そんな古いクスリっ(怒鳴り)」

父「いや…いいんだよ。2008年なんだから」

私(もうちんぷんかんぷん)「平成8年って言ったじゃない!!!!2008年なんてまだ来てないからそんなクスリないよっ。今は2007年だよっっっ(怒鳴りまくり)」

父「いいんだよ、わかったよ」

私「2008年は未来だよ!何言ってるの!!??平成8年じゃないの?飲んじゃダメだからね!!」

父「いいんだよ。じゃあ」(電話切れる)

私はすぐに頭を振って父との会話を忘れ、顔を作り足し、髪をひっつめてコートを羽織り、つむじにササミ詰めコングを渡し、つむじの顔も見ずに靴をひっかけて家を出る。

なんとか間に合った。電車に揺られるうち落ち着いてきたので、父との会話を思い返す。

あーそうか…。70歳の父は「二千」と言っているつもりなのに、口からは「平成」と出てしまっていた。そして私は父が消費期限のことを言っているのに製造年だと思い込んでしまっていた。ばかだ。

父のことを理解してあげられなかったうえ、自分が勘違いをしてイライラして、急いでいたから父の体調も聞いてあげなかった。

打ち合わせ後、父に電話。「一回家に帰るから、夕方からだったらゴハン作りに行けるけど?」と聞いたら「昨日はひどかったけれど今日は大丈夫」との返事。

言ってるつもりなのに口から出る言葉が違う。父はそういうことが多い歳なのだとつくづく…。

070113_101001 ※内容とまったく関係ないけれど携帯Photo_23  電話で撮ったつむじの写真です。私が作ったベッドがいまや小さく見える。現在6ヶ月、大きくなりました。日中のこの姿&気持ちよさそうないびき…。彼を横目に仕事をしている私の眠気を誘います…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

ウチゴハン屋計画

12月は5組のお客さんがウチに来て、私の作るゴハンを食べてくれた。

masaの会社の社員の人たち、25年来の友人たち、高校時代の同期2組、7年前に一緒に仕事をしたデザイナーの女の子が彼氏を連れて来てくれたりもした。東京の外れで来にくい場所なのに、遠いとこ来てくれて、ニコニコとゴハンを食べてくれる。私はうれしくてしゃべりまくり。とても大切で、幸せな時間だった。

今年はもっとたくさんの人に来てもらって、目指せ「ゴハン屋」状態。特に「ギョウザ屋」の日を増やしたいので、このブログを読んだ私周りのヒト、ギョウザ食べに来てください!

さて…。

平凡だけれど、今年も願いはやはり「健康」。

検査を欠かさず、疲れ過ぎず、さらなる体力づくり、そしてお酒はほどほどに、二日酔いはしないこと。

そんなことを年頭に考えていたのに、昨日は友人の誕生日&新年会。

浮かれに浮かれ飲みに飲んで、ナント朝帰り。Dsc06102 郵便受けの朝刊と、白み始めた窓の外の景色を見て、ずっしりと落ち込み…。

これをもって今年最後の朝帰りとする。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »