« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月 7日 (木)

不本意。細木数子だのみ。

6日午後2時PET検査結果。「明らかな転移再発を認めません」

この日は朝から気付くとため息ばかり。しっかり寝たつもりなのに頭がボーッとしていた。

朝食の準備をしたり洗濯物を干したり、毎朝の作業を機械みたいにして、その後はまたボーッと何も手に付かない。テレビはずっとつけっぱなしになっていて…

細木数子の運勢の番組をやっていた。

「今日、最も運勢がいいのは金星人プラスの人」と小耳にはさむ。

私は本当は占いがキライ。雑誌の星占いも読まない。でも自分が金星だってことは、誰かに言われて知っていた。

えっ!?それで私はプラス? マイナス?

すぐにパソコンに飛びついて「細木数子」検索。生年月日を入力すると出てくるサイトがあったので即入力。

結果。私は「金星人プラス」。今日いちばん運勢がいいヒト!?

占いなんてキライって言っておいて、しかも大嫌いな細木数子に頼ってしまうなんて…。

“あ~、細木先生。どうぞ、どうぞよろしくお願いします!…私はとても弱い人間です。”

今日までいろいろ考えた。「抗がん剤がスタートする前に、髪をショートにしよう」「長期になるようなら、つむじを弟に預かってもらおう」「セカンドオピニオンを探そう」「転移した場所にもよるだろうけれど、がんと共存し、できるだけ楽しいことができる状態にしてもらう道を選択しよう」とか。masaに話すと、どれも否定せず同意してくれた。masaも覚悟を決めていた。

がん治療後約3年。「死刑」か「執行猶予2年の懲役刑」か…。「白」か「黒」か…。おおげさではなく判決が下される日だった。

待合室でひとり、誰かに手を握っていてほしかった。

名前を呼ばれ、診察室のドアは開けられたけれど、その場に立ち竦んで、私はドクターをにらみつけていたかもしれない。

「僕の顔色、見てないで」と言うドクターに笑顔はない。血の気が引いた。

ドクターが差し出した紙を覗き込むが、目があちこち動いて文字がまったく読めない。

いろいろ書いてあるし…。

「なんて書いてあるか、わかりません」というと「異常なしってことだよ。おめでとう」と…。

ジワッと涙があふれる。

ついこの間、腫瘍マーカーの定期的な上昇を見て「再発か転移以外、他の原因は考えにくい」とハッキリ言ったドクターも、肩の荷をおろしたようだった。

こうして私は大ピンチを乗り越えた。

「なっちゃんは生きなさい」

一緒に病気を治そ126うとしたのに、天国に行ってしまった大好きな人の、その言葉をまた聞いた気がした。「気を緩めちゃだめってことよ。これをきっかけに、仕切りなおして頑張って生きていくのよ」という戒めだったのかもしれない。

masaが会社の帰りに花を買ってきてくれ、ワインで乾杯をした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »