« ヒトの首ってあたたかい。 | トップページ | 不本意。細木数子だのみ。 »

2006年11月22日 (水)

PETを受けてきた。

今日、約2年ぶりにPETを受けた。

それって何? というヒトに一応説明。

「極わずかな放射性同位元素を含んだ検査用ブドウ糖を静脈注射する。その後、全身の臓器、組織に集まる様子を撮影して、悪性腫瘍や炎症の有無・範囲などを調べる。がん細胞は、正常細胞に比べて多くのブドウ糖を細胞内に取り込んで消費する。この性質を利用して、ブドウ糖が多く集まる場所を突き止め、発育の早いがんを発見する」

これが「ポジトロン断層撮影法」いわゆるPET検査。

前回2年前はまだPETのある施設が少なく、新横浜のはずれのクリニックまで行かざるを得なかった。しかも費用は10万円!でも、一度に全身のガンがチェックできるPETは、治療後1年の安心感を得たい私と家族には必要なことだった。

その後、PETが完璧ではないことがメディアなどに取り上げられた。けれどいま現在、がんがどこにできてしまったかを確実に発見できる検査は、ひとつもないらしい。だから自分がいつも危機感を持ってドクターと相談し、できる検査をひとつひとつこなしていくしかないと思っている。

今はPET検査ができる施設が増えた。私が行ったのは新宿某所のクリニック。しかも我々のような治療後の検査では保険も適用されるようになり、費用は3万円!それでも高価だが、10万円と比べたら打撃はまったく違う。

今回は腫瘍マーカーの値が上昇し、一度は下がったけれど本当に安心していいのか、確認するための大切な検査だ。

主治医の元に寄り、CTを焼いたCD-ROMと同意書、診断書などを受け取ってから向かう。

前回の施設でも感じたけれど、セレブな(使い慣れない言葉)雰囲気で、私みたいなのは居心地が悪い。「●▲さま、こちらでございます」なんて、白衣じゃなく、スーツ姿に昔のスッチーみたいにスカーフヒラヒラ巻いた女性がいちいちていねいに誘導する。スタッフも異常に多い気がする。

私なんかは「そんな過剰なサービスいらないから、安くしてよ」って思うけれど、逆に「高い金払ってんだからサービスしろやぁ」ってヒトもいたりするのかもしれないな。

PET検査の全行程は約2時間と長い。静脈に薬を入れてから全身にまわすまため1時間安静。そして検査が約30分。その後も放射能の減衰を待つため、20分くらい休憩する。なぜ安静にしなくてはならないかというと、体を動かすとその部分に薬が集まって、がんと紛らわしい画像になることがあるかららしい。

安静室はひとり3畳くらいの半個室。リクライニングチェア、タオルケット、ミネラルウォーター、テレビも見られて快適。時間は午後3時。検査のため昼抜きで腹ペコだったので、ローカル局のラーメン特集番組を見ながら、よだれを流して寝てしまった(昨日、仕事であんまり寝てなくて…)。

都心部でこんなに快適に休めるなんて、カプセルホテル(行ったことないけど)なんかより全然いいんじゃないの?ずっといてもいいよ…なんて私は思っちゃったけれど、「いつまでいればいいんだよ。早く出せ」って怒ってるおじさんの声が聞こえた。

病気が心配なうえ、体内にたっぷり薬を入れられて、ヘンなとこに閉じ込められて、さらに長い検査。きっと参っちゃってるんだろう。ヒトの感覚として、私よりおじさんのほうが正常なのかもしれないと思った。

検査中もぐっすり寝て、時間はあっという間に過ぎた。終了時間17時。朝8時から食止めだからもうお腹グーグー。外に出て一番近いカフェに駆け込んだ。今日は私が長く外出するから、つむじのためにmasaが早く帰ってくれている。本当は早く帰って、夕食を作って一緒に食べればいいんだけれど、私のお腹はどうにも家までもたなかった。

買い物して家に帰って簡単におかずを作り、masaに延々PETの話をしながらビールと芋焼酎を飲んで、さっき軽く食べたのに、またまたゴハンをたらふく食べた。

なんだか今日のゴハンは気分的においしかった。

検査の結果は12月6日。

|

« ヒトの首ってあたたかい。 | トップページ | 不本意。細木数子だのみ。 »

コメント

お疲れ様。まずは一段落!
これからも気を抜けないど頑張って(って言っちゃいけないのかな)

投稿: taeoka | 2006年11月24日 (金) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115539/12785393

この記事へのトラックバック一覧です: PETを受けてきた。:

« ヒトの首ってあたたかい。 | トップページ | 不本意。細木数子だのみ。 »