« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月22日 (日)

カラスミ酒。

朝晩涼しくなってきて、そろそろあったかいお酒が飲みたくなるね。

つむじが来てから、夫婦で外食できなくなっているから、その分、ちょっとぜいたくをしようと、上等なマグロのお刺身を購入。

それで…「よし、そろそろ開けるか!」。

何かというと…台湾の迪化街で買ったカラスミ! 

野菜の煮込みやキムチ卵炒めなどを作り、カラスミ用の大根スライスを作る間、masaは焼酎でカラスミを蒸し焼きして、皮を剥いて薄くスライス。

準備完了です。

スライスした大根の上にカラスミをチョンと乗せ、口に放り込む。4~5噛み目くらいからうまみが口の中に広がる。日本酒で流して、うっと~り。

そこでmasa。「口に入れるときはカラスミを下、大根を上にするといいよ。そうすれば、上の歯にカラスミが詰まらない」。

「ふ~ん…」とやってみる。詰まらないだけじゃなく、舌の上に直接カラスミが乗って、いっそう風味がいいことを発見。「いいね、いいね」と止まらない。

さらにmasaが、小指の先くらいに切ったカラスミを猪口に入れて熱燗を注いでいるので、真似てみる。カラスミ酒なんて、聞いたことがないけど?

これもよかったの、本当に。お酒が濁ることなく、でもほんのりカラスミの香りとだしが出てる。

こうして、今日食したカラスミは1/4腹。このペースならあと3回楽しめる。そのうちの1回は、カラスミパスタにしてみようと思っている。

いい気持ちの「カラスミ・ナイト」だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

飄(つむじ)のブログ。

「つむじのブログ、作りたいよ。でも私は3コもブログ書いてるから書けないよ」

と言ったら、masaがシブシブ、ブログはじめた。

http://tsumuzi.cocolog-nifty.com/blog/

どうなるかしらと思ったけれど、凝りまくり!

タイトル周りなんて、オリジナルで作っちゃったんだよ。私にはできない!

どうぞ、応援してやってください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

明日来る。

明日から、しばらくはmasaと外食することもなかなかできないから、今日は新大久保のタイ料理屋でのディナーを約束。

昼まで新宿で打ち合わせがあり、どしゃ降りの雨の中、家に帰ってまた出かけるのは面倒なので、ひとり、新宿で遊ぶことに決める。こんなふうにずっと出かけっぱなしなんてことも、明日からはしばらくできない。

だって、つむじが来るのだから。

でもちょっと風邪気味。

Wp03_800x600ずは2時から映画を観る。台湾の空気を引きずりたいので台湾映画。

「靴に恋する人魚」。

なんといっても小物がステキ(特にインテリアのファブリック)で、使い方もうまい。色もきれい。特別なストーリーではないけれど、穏やかな気持ちになれる。ビビアン・スーちゃん、とてもかわいかった。髪型や洋服も。

その後は、飛び込みで入った美容室で髪を切り、オプションで頭皮マッサージもしてもらう。プチイメチェンで前髪をかなり短くカット。

タイ料理屋はすごくおいしかったけれど、私だけじゃなく、masaも風邪気味(うつしたらしい)で、あんまり味わうことができなかった。食後、トイレに入り、改めて前髪を見て笑った。

つむじのフライト。ANA698便 16:30宇部発 18:00羽田着。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

作れるじゃないの!

7日に我が家の一員になるパグの名前は「つむじ」。パンズの時と同じく、masaが名付け親。

パンズが使っていたものがひと通りあるから、用意するものはほとんどないのだけれどベッドがない。

昨日、病院のCT検査の帰り、池袋西武ロフトの中にあるペットショップに、ベッドを探しに行ってみた。

ところが…。

ピンクのラメラメやら、キティちゃんのぬいぐるみ付きやら、ラブリーなのしかない。そのうえ、4000円前後と高い。パンズのときはもうちょっとまともなのがあったよ。今はそういうものなの? 

すぐに逃げて、キンカ堂へ。タータンチェックのフリース1m、37cm四方のクッション、手芸わたを購入。作る? 間に合う?  勇んで買っちゃったけれど、ちょっと自信ない。

それで今日、挑んでみた。

マニュアルもないから、なんとな~くで、ミシンと格闘すること5時間!(えっ? 長す1_8ぎますか?)

→完成はこちら。

2_11 やればできるじゃん。クッションも取り外せて、カバーを取って洗えるんだぞ。どうだっ。材料費2600円!

台湾から帰ってきてから風邪気味で、ジムに行けない。つむじが来たら、なかなか行けなくなるから行っておきたいのに…。でも今日ジムに行っていたら、ベッド作らないまま、つむじを迎えることになっていたかも。

まっ、いいか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

台北にて。その4

9月30日

帰る日。

午前中、ホテルから歩いて10分くらいの迪化街に行って、masaの好物からすみと愛玉子の元、愛玉の実を購入。帰り、歩いていたら苦茶のスタンドを見つけたので、疲れが取れるかも、と思い買ってみる。

少しくらい苦かったり、くせのある変わった飲み物も、けっこう平気で飲めるから、苦茶も大丈夫だと思ったけれと゛、まず泥のような見かけが悪い。そして、苦い!苦すぎる!! それでも気合で半分飲んで、あとは捨ててしまった。ちょっと悔しい。

ホテルに戻りパッキング。陶器類はもしも壊れたら悲しすぎるから、重いけど手持ち。それでも行きはスカスカだったスーツケースがパンパン。特に調味料類が幅を占めている。買い物は大満足。

ところで、秋香さんも、他の店の小龍包よりも断然おいしいと言っていた「鼎泰豊」。台湾の人も認めるおいしさなんだなぁ。私は横浜高島屋の鼎泰豊には行ったことがあるけれど、日本の支店より台湾のほうがずっと、ずっとおいしいらしい。私は並ぶのはゼッタイいやだから行く気もなかった。

でも小龍包、大好物なんだ。

どこかで食べればよかったな…と思っていたんだPhoto_19けれど。

空港の、私が乗る飛行機の出発ゲートの近くにぽつんとあった小さいラーメン屋のメニューに「小龍包」を発見。それだけを注文する。

スープたっぷり、皮も薄めで予想以上においしかった。私はこれで台湾の旅を締められて満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

台北にて。その3

9月29日

朝からそわそわ。秋香さんと鶯歌での待ち合わせは11時。

台鉄で台北駅から鶯歌まではわずか30分。待ち合わせの1時間前に駅に着いたのに、鶯歌に停車する列車を40分も待つことになり、結局10分の遅刻。MRTの本数は山手線並みだけれど、台鉄は本数が少なすぎる。

鶯歌の駅は前に来たときよりもとてもきれいになっていて、一瞬、間違えて降りてしまったのかと思った。改札の前にコンビニもできていて、秋香さんはそこで立ち読みをしていた。私から声をかけた。

6年ぶりの再会。会っていた約4時間、会話は止まらなかった。

Photo_18 秋香さんの知り合いの陶器店に行ったら、秋香さんはそこで素敵な茶碗を見つけて、「ご主人とね」ってふたつプレゼントにくださった。私はその店でたくさん陶器を買って、かなり負けてもらった。それから近くのお茶のお店で「東方美人」と「梨山烏龍茶」を買う。秋香さんの働く博物館にも行った。5年くらい前にできたガラス張りのきれいな施設だ。

ランチも秋香さんにご馳走してもらった。海鮮がたくさん入った麺料理。鶯歌らしく陶器の1_6 器に入っている。それからもやし炒めと、ピータン豆腐。さっぱりしていておいしい。甘い酸梅湯は、セルフサービスで飲み放題。ふだん甘いものなど飲まないのに、暑く日差しの強いこの日、酸梅湯の甘酸っぱさは疲れを飛ばしてくれた。

====ここで私たちが食事をした秋香さん行きつけの麺屋、鶯歌「甕仔麺」さんからコマーシャル!!

「日本人の方、大歓迎。陶器で煮込んだくせのないさっぱり味の麺はいずれも100元。安くておいしいのでぜひいらしてください。場所は老街陶館2階。涼しく、きれいなお店です」===

秋香さんのお友達で、日本語学校で勉強している女の子が合流。「いっぽん、にほん、さんぼん」と本の数え方の変化についての勉強会になって大盛り上がり。

新しく知った出来事。

・秋香さんは陶器の販売をやめて、鶯歌の陶器博物館でアルバイトを始めた。「お給料少ないけれど、ストレスないのよ。とても気持ちいい」と。確かに秋香さん、ちょっと若返ったかも。

・鶯歌にやってくる日本人観光客は激減。新しい施設や、新しい店も増えたが「景気はとても悪い」らしい。(日本での中国茶ブームが落ち着いてしまったからか? 博物館でも欧米人にしか会わなかった)。

・秋香さんの娘、芽衣ちゃんが結婚した相手は(結婚したのは本人からの年賀状で知っていた)日本人で、芽衣ちゃんは渋谷のコーヒー会社で事務をしている。さらに、軍隊にいる息子さんも日本人女性と結婚し、秋香さんにはお孫さんがふたりいること!

会わないうちにいろいろあったんだなぁ。それにしても日本人の息子と娘ができてしまったなんて驚いた。2_10

2_8 夕方、部屋に戻ってから、料理本を見に誠品書店へ、タクシーで移動(疲れて結局タクシーを使っちゃった)。帰りはMRT。今日もまた、寧夏路夜市に立ち寄って(ホテルのそばに夜市があるのはサイコー)、アヒルの舌100元、油飯(ちまきの中身だけ)20元を買い、コンビニでビールと野菜スープを購入。

屋台を含む簡易メシ屋では、飲み物を扱っていないところが多く、 飲みたい人は持ち込み。何も飲まず、ぱっと食べてぱっと帰る人3_4 が多い。だから、ゆっくりビールを飲みながら味わうには、ホテルの部屋がラクなのだ。1_7

→夜市で見つけて思わず買ったあひるの舌は、以前、横浜中華街で食べたことがありその時に虜になった。舌のつけ根の両脇にある骨を手で持ち、ぐっと歯でしごくと、骨から身が取れる。ジューシーで歯ごたえもあり、滋味たっぷり。

8本約300円は夜市の食べモノの中では高いほう。でも日本では貴 重な食材だから、この値段の何倍もする。こんなにおいしいもの、1週間に1回くらい食べたいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »