« 知床五湖トレッキング。 | トップページ | やっぱり中国茶。 »

2006年7月 3日 (月)

鳩の卵、残念な結末に。

今朝起きて、そっとカーテン越しに鳩の巣をのぞいてみて驚いた。

まずひとつの卵は巣から離れた場所に転がっていた。

それからオスとメス鳩が一緒に、巣から少し離れた場所にいる。昨日まではオスとメス、交代でしっかり卵を温めていたのに…。

巣の上にも卵ひとつ。結局どちらも孵化しなかった。

卵を産んでから20日経っても孵化しなければ、その卵はもう孵化しないらしい。1きっともうダメなのだ。残念だ。

少しして、またのぞいてみると、もう鳩は2羽ともいなかった。きっとさっきはちょうど夫婦で相談していた時で、「もう諦めよう」と結論を出したのかもしれない。

写真を撮ろうとそっと近づいたら、巣から離れて転がっていた卵は割れていた。鳩が転がして割ってしまったの2_1か…。のぞいてみると孵化前の状態のようで、毛のようなものが見えた。(※ベトナムの名物ホビロンみたいになってた)。無精卵ではなかったんだなぁ…。

とても残念だったけれど、一度巣を作ると、何度も繰り返すというので、この週末に鳥除けネットを付けて、巣と卵を処分するつもりだ。

ごめんね。またどこかで卵を産んで、無事に生まれるように祈ります。

|

« 知床五湖トレッキング。 | トップページ | やっぱり中国茶。 »

コメント

割れた卵でも毛が見えていたらチョッと気の毒になりますよね・・・。
ニワトリとは訳が違いますもんね(^^;

☆大阪の不動産&カフェのblogを紹介しているんでよかったら見に来てみて下さいね☆

投稿: 森下@BENELOP | 2006年7月 3日 (月) 17時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115539/10772228

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩の卵、残念な結末に。:

« 知床五湖トレッキング。 | トップページ | やっぱり中国茶。 »