« 仕事が来た。直後にタミフル。 | トップページ | 桜は間に合わなかった。 »

2006年2月21日 (火)

2月18日の金目鯛、その後。

金目鯛はいまいちばんおいしい時期。サイズもいいし、脂が乗ってる。うちはふたり暮らし(&犬一匹)だけれど、切り身じゃなくて丸のまま煮たい! と思って先週土曜魚屋に行った。いい形の金目1尾1500円。「これちょーだい。お腹とってウロコひいてね」って頼んだとき、興奮で私の鼻の穴はちょっとふくらんだと思う。

うまい魚は煮方が下手だってちゃんとフォローしてくれる。今日はあんまり甘辛にせず、さっぱり味に。あー、うまい。宮城の日本酒、乾坤一[けんこんいち]をチビチビ飲みながら。kinme

(魚の盛り付け頭が逆なのがちと恥ずかしい。ちなみに隣に写っているのは生湯葉。こっちはわさび醤油で)。その後は煮汁ごとご飯にかけてフィニッシュ。身も煮汁も少しずつ余ったので、身はほぐして煮汁にほうりこみ、容器に入れて冷蔵庫へ。

プルプル、チュルチュルの煮こごりは今日も我が家に歓声を運ぶ。

|

« 仕事が来た。直後にタミフル。 | トップページ | 桜は間に合わなかった。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115539/8769584

この記事へのトラックバック一覧です: 2月18日の金目鯛、その後。:

« 仕事が来た。直後にタミフル。 | トップページ | 桜は間に合わなかった。 »